安い

8月施行の改正ストーカー規制、GPSの悪用を違法化


元交際相手がストーカーでGPSで位置情報を把握していたのに

裁判でGPSに関しては見張りにならず罪にならないと判断したのでムキになって法律も改正しますよね。

https://www.gps-rental.nagoya/news/archives/166

 

改正ストーカー規制法8月施行


衛星利用測位システム(GPS)機器や居場所が分かるスマートフォンアプリの悪用を禁じた改正ストーカー規制法が18日、衆院本会議で可決、成立した。デジタル機器やインターネットを使い巧妙化する手口の摘発が強化される。

 

改正は3回目で、8月にも全面施行

 

警察庁の見解

GPS機器

相手の承諾なく車や持ち物へ取り付けるだけで違反

位置情報の取得は居場所が分かるスマホのアプリも対象


ケルベロスなどの監視アプリは他人どころか夫婦間であっても不正アクセス禁止法で犯罪になっているので

絶対に無断でインストールすることはやめなければいけません。

刑事事件ではなく民事事件であれば不正な行為で取得した証拠も有効だったりするので

諸刃の剣ではあるのですが。

 

スマホGPSアプリも


今後は友だち同士などの位置情報共有アプリ「Zenly ゼンリー」も許可なく勝手に入れて共有すればストーカーに対しては罰則になります。

類似アプリやサービス

 Life360-子供の見守り
 iシェアリング - GPS
 位置情報を共有アプリ Lunascope
 iPhone標準友達を探す
 位置情報アプリPASS(パス)
 iPhoneを探す(iCloud)
 端末を探す(Google)
 


 どれも子供や家族の見守りや紛失や盗難時の保険代わりであったり近くの友人を見つけてすぐ会えるという便利なものですが
 使い方次第でストーカーツールになるのでハサミや包丁と同じく「使いよう」です。
 
 
 

探偵業界では

今のところは不倫を疑って配偶者が不倫をした夫や妻の車や持ち物にGPSを仕込むことは問われないという考えが優勢のようです。

表立って探偵がつけてあげますというのは控えるようになるかもしれませんね。

配偶者につけてもらうか、つけたことにしてもらうという暗黙のルールが浸透ですか

浮気相手にも配偶者がつけたことにすれば注意くらいで済むのかもしれません。


見せしめとして業者を逮捕するのかどうかは施行後にしばらく経ってみないと誰にもわかりません。

 


GPSが違法になるから今調査しないと大変なことになると煽っている業者もいるようですが

これからのことはまだ何とも言えません。口車にのせられないようにご注意下さい。

 

 

不倫や盗難など不法行為をしたのにこういうツールを使えないことで逃げ得になってしまうようなことには

ならないような救済はしてほしいものです。

GPSが使えなくなれば不倫をする不法行為を暴く費用が高額になるだけで加害者保護が過ぎると感じてしまいます。

 

 

 

大前提としてストーカー行為にGPSを利用するのはいけません。

それが法律で明確に違法ですと言えるようになったということです。

これまでと変わりなく正当な理由でGPSを使うのも本当に細心の注意を払って利用することが大事です。

 

 

jiji.comから

gpsstalker.jpg

2021/06/17 GPS情報   GPS浮気調査
< Previous Article     To List    

注文する